ゆめのブログ

30代女たのしい独身生活のブログ

スポンサーリンク

瀬戸かずや、集大成。二番手羽根を背負ったあきらさんは、私にとってのトップスター。


スポンサーリンク

「好きなタカラジェンヌさんは?」と聞かれたら

「瀬戸かずやさんです」

そう答えるようになってから2年が経とうとしています。

 

夢乃さんという大きな星が卒業されてから、

ぽっかりと穴が空いてしまった私の心。

私の中の推しジェンヌ席が空席のまま過ごした、空虚な1年。

その席に座ってくれたのは、瀬戸かずやさんでした。

彼女の低い美声と、芯の強い立ち振る舞いに尊敬の念を抱いていました。

 

f:id:yume-diver:20210411201733j:plain

 

実はあんまり過去を知らない

私があきらさんの存在を初めて認識したのは、

ハンナのお花屋さんの舞台でした。

結婚指輪をつけて、スラリとスーツを着こなして、

冷静沈着なジェフ・ウォーレンを演じておられました。

そのスーツ姿の美しいこと…

小さい顔、広い肩、流れるように長い手足、

そして、広い背中。

 

 

あきらさんだけにスポットライトが当たっているように見えたのです。

 

ハンナのお花屋さんからのファンですから、

下級生の頃のあきらさんのことはあまり存じ上げていません。

すでに男役・瀬戸かずやとして仕上がりまくっていたのです。

 

魅力にハマる

 

主演を務めたマスカレードホテル。

男役として完璧に仕上がっていたとはいえ、さらにあきらさんの魅力を爆発させた作品でした。

想像を超えるビジュアルの良さ、自然体の演技で、熱い刑事根性が伝わってきました。

ご本人も心から楽しんで演じられていたようでした。

 

はいからさんが通る

黄金の明日海時代が終わり、

柚香礼さん率いる令和の花組に生まれ変わってからも、上級生として確固たる実力を発揮し、

花組全体の魅力に深みを持たせていました。

青江冬星のことです。

青江冬星と言えば、なぜあの髪型なのか…謎すぎます。

初演の時から受け入れられなかったのですが(笑)。

激動の時代を生き抜く青年を素晴らしく演じていました。

髪型なんて関係ないわーぃ!と思っていました(笑)

 

スターカレンダーにも抜擢されたあきらさん。

湧いた宝塚ファンたち。私もその一人です。

しかし、何となく思うのです。

トップ路線まっしぐらのジェンヌさん達のそばで、

その側道を走ってきたようなジャンヌさんは、

「うっかりトップスター」も望んでいないような気がする…と。

 

近々では、夢乃さんや美弥さん、でしょうか。

少し前だと、未涼さんや緒月さん、でしょう。

こういった方たちは、自分なりのトップの座をお持ちのように思います。

「自分らしさの軸」をお持ちなのです。

誰がトップスターであろうと、

自分は自分の役に徹する。

必ずしも大羽根を背負うことだけがゴールではないのだ、と。

 

もしかしたら、あきらさんは心のどこかで卒業の時を考えているのだろうか…と、私は切なく思うようになっていったのです。

 

輝く二番手羽

 

現在上演されている「アウグストゥス」では、

しっかり、はっきり、見間違いでもなく、

瀬戸かずやさんは二番手羽根を背負ってくれました。

これはもう、ファンにとってはトップスターになったも同然。

豪快かつ、優雅な羽根捌きに惚れ惚れしました。

本当に輝いて見えたのです。

ステージの真ん中で輝く柚香さんのオーラに花を添えられた!

そんな思いで、胸が熱くなりました。

 

まだまだ歴史は続く

下級生を想い上級生として責任を果たしてきたあきらさん。

その凛とした姿勢に励まされてきました。

 

今日もまた、私のようにあきらさんの雄姿に励まされ、勇気づけられて観劇を終えるファンたちが居ます。

心から感謝の気持ちでいっぱいです。

 

あきらさんの志を引き継いで、

若きジェンヌたちもたくましくなっているように感じました。

新しい花組にその思いを託すため

残りの公演もケガ無く笑顔で走っていってほしいと思います。

 

ひとり語りが過ぎましたでしょうか。

少し、熱くなってしまいました…。

 

 

yume-diver.hatenablog.com

 

 

yume-diver.hatenablog.com