ゆめのブログ

30代女たのしい独身生活のブログ

スポンサーリンク

【簿記2級】休み休みマイペースに勉強中。配信講座はとっても便利。


スポンサーリンク

現在、簿記2級の勉強をしています。商業簿記は税金について、工業簿記は部門別計算の項を学習し終えたところです。

テキストでは中盤に差し掛かったところです。

現在、私はクレアールさんの配信授業を聞きながらテキストの学習を進めています。

本日は朝5時に目が覚めてしまったので、1単元分の講義を聞きました。

こんな風に、自分の好きなタイミングで勉強できるのはとても便利です。

 

f:id:yume-diver:20210720065600j:plain

 

 

マイペースな学習のためには配信授業が効果的

私は今まで配信形式の授業を受けたことがありません。学生時代は、まだ東進ハイスクールしか配信の授業をしていなかった時代。

そんな中、せっせと予備校へ毎日通っておりました。

そんな私には、対面式の授業でないと勉強できない!という思い込みがあったのです。

しかし会社員になってからというもの、何かを勉強しようと意欲が湧いてきても、授業に通うことが困難になってきました。

本業の勉強会や講演会への参加で精一杯…泣。

業務終了後に疲れた身体と心で講演会に参加しても、身に着いた実感が得られにくいのです。

姪っ子が家に帰ってきてお世話をする日もありますし、ダイビングシーズンに入り泊りがけで出かける日もあります。

学生時代とは違って、圧倒的に勉強する時間の確保が困難になっていました。

そんなジレンマを解決してくれたのが、クレアールさんの配信形式の授業。

配信形式の教材だとついついサボってしまうのでは?と一抹の不安はありましたが…

実際、サボります。笑。それは事実です。

でも、だからと言ってそのままにはできないのです。だって授業料・教材費払ってますから。

自分で授業料を払うと、「このままサボり続けるのはもったいない…せっかくお金払ったのに」という謎の根性が生まれてくるのです。

ですから、本当に心身共に疲れている時はお休みして、気の向いた時に授業を聞くことができるのはとても有効的です。

体調の整った時にPCを開いて、30分だけ講義を聞けば集中して勉強できます。

ありがたい限りです。

 

3級受験時との違い

3級受験時は、お金払ったのだから、とにかく合格しなくちゃ!という強迫観念にも近いような気持ちになっていました。

【合格すること】だけがゴールだったのです。

焦るあまり、講義の内容が身についておらず、実践問題へ応用までたどり着かず、一度は不合格となりました。

 

yume-diver.hatenablog.com

 3級に合格後、受験した目的を改めて確認しました。簿記に合格したい理由は、経理のお仕事をするわけでもないし、転職に有利にするためでもない…

ただ、社会を生きる上で必要な知識を学んでみよう!という好奇心だけだったのです。

ですから、焦る必要なんてなかったのです。簿記学習は趣味のひとつ、と言う感じ。

もともと私は机に向かって勉強したり、試験に合格すること自体に喜びを感じる性格ですから、地道に机に向かうのが好きなのです。

簿記学習は、その知的好奇心を満たしてくれる上に、お金の知識が身に着くなんてラッキー!と思っています。

 

そもそも、そのようなモチベーションで始めたのですから、2級学習も焦らずゆっくり自分のペースで進めようと再確認しました。

試験=合格できないと恥ずかしい、という固定概念は捨てました。

 

楽しみながらってこういうこと?

 

物事を習慣づけるためには「楽しい」と思える気持ちが必要だと言います。

まさに、私にとって簿記学習はその通りです。「合格したい明確な理由がある」、というよりは、「勉強って楽しい」という気持ちだけでここまで進めてきています。

 

自分の専門外の知識だからこそ、一から勉強し身についていくことにより充実感を感じています。株式投資を始めたからこそ、新株発行や配当についての講義は興味を持って学んでいます。

生活の色々な点が線となっていく感覚がとても楽しいのです。

「楽しい」という気持ちは、物事を継続するためには不可欠な要素です。

「学び続けることは大事、一生勉強だよ」なんてよく聞くけれど、それは受験勉強のような競争ではないし、国家試験のような苦行ではありません

楽しみながら少しずつ、少しずつ、学んでいけたら十分♪肩の力を抜いて、楽しい気持ちで続けていこうと思います(^^♪

 

3級合格できた時は素直に嬉しかったです。ひとつのことを達成し自信がつきました。

 

yume-diver.hatenablog.com