ゆめのブログ

30代女たのしい独身生活のブログ

スポンサーリンク

睡眠は健康の土台。しっかり寝るって意外と大変、シンデレラルールがあるみたい。


スポンサーリンク

一般的に、30代の人には6~7時間の睡眠時間が必要だと言われています。

同時に何時に就寝するかも重要な問題となってきます。

f:id:yume-diver:20210821063458j:plain

 

 

シンデレラルール

普段私は23時に就寝し翌朝6時に起床する生活を送っています。合計7時間の睡眠時間です。

時に就寝前に読んだ本のストーリーが佳境に入って面白くなって、グングン読んでしまって気づいたら、夜中1時になっていた…そんな日が最近続いていました。

【愛の不時着】や【梨泰院クラス】や【全裸監督】を観ていた時期なんてほとんど夜12時を超えてから就寝する日々でした。

夜更かしして観るべき三大ドラマだと私は思っています。笑)

そうなると起床時間は7時にズレます。それでも(一応)睡眠時間は6時間。睡眠時間はさほど変わっていないのに、翌日の仕事のパフォーマンスは30%くらいは落ちているように感じます。もちろん、起床もかったるい…倦怠感が強いのです。なかなか目が覚めない体を無理やり目覚めさせる感じ。

 

私なりに至った結論は「何時間眠るか」と同じくらい「何時に寝るか」が重要だ、ということ。

夜12時を過ぎてから眠ると翌日6時には絶対起きられない

→朝ブログを書く余裕なんてない

→仕事だけこなす日々を過ごすことになる

→なんだか…ツマラナイ(;O;)、ブログ書きたかったなぁ…漠然と後悔する羽目に。

こうならないために夜12時までには消灯して睡眠の体制に入ること、それが「シンデレラルール」です。

昨日、久しぶりに就寝前のYouTube断ちをして23:20には消灯したところ…今朝は5:20分に起床!現在このブログ記事を綴っています。

身体もすっきりしているしブログを書くのも億劫ではありません。どうやらこのシンデレラルール、結構効果があるみたい。

 

子どものいる生活では無理?

ここ最近の生活で就寝時間が遅くなってしまう大きな理由があります。それは「育児」 。育児といってもお手伝いですが…。

姪が帰省してきているのです。姪は生後4カ月。母親(私の妹)の姿が見えないとギャン泣きする時期に入っています。生後4カ月の赤ちゃんと一緒に暮らすのは容易なことではありません。もちろん、母親は手伝うだけの私よりもっともっと大変でしょう。

何で泣いてるの?ミルク?おむつ?抱っこしてないとギャン泣き。それはそれで可愛いのは事実ですが…自分の時間が減ってしまうのもまた事実。

就寝前のルーティーンを行う時間が遅くにズレてしまうのです。そういった経緯もあり就寝時間がいつもより1時間遅くなってしまうのです。

産後間もない母親さん達は自分の生活リズムを崩して育児に奮闘している、ということ。シンデレラルールなんてあり得ないのです。心から育児中のお母さまを尊敬します。

 

朝のルーティーンと日中の過ごし方

 

今朝は早朝5:30にパチッと目が覚めた私。ヒラリとベッドから起きてPCに向かってブログを書いている私。12時前に就寝しただけで朝のルーティーンをこなせるのです。

ブログを書いて簿記の勉強をする、それが私のルーティーン。このルーティーンをきちんとこなさないと日中「あぁ今日もブログを書けなかったな、簿記の勉強は進んでいないな」とうっすらとした罪悪感を感じることになるのです。

起床後の行動によって日中の気持ちが変わってくるというわけです。

 

自分に合った睡眠ライフを送ろう

 

私にとって12時前に就寝することは翌日のパフォーマンス向上につながります。しかしそれは誰にでも当てはまるわけではありません。もっと早い時間の方が良い人もいるでしょう。

いずれにしても、自分なりのシンデレラタイムを見つけることが非常に重要なのです。スッキリした笑顔で翌日を1日過ごせるように試行錯誤とルーティーンの断捨離が必要です。

【ついついYouTube【うっかりネットフリックス】は大敵です。就寝前に見始めたらドはまりしてしまって気づいたら12時を超えてしまってた…なんてことは容易に起こりえます。

そうならないためにも、夜のルーティーンとして【就寝前のYouTubeとNetfrixを観る習慣】は断捨離したいところです。

そんなに急いで情報収集する必要なんてありませんし、見たいドラマは週末に時間を作れば良い、たったそれだけのことです。

 

睡眠を制する者は人生を制す

 

大げさでしょうか…?いやいや。そのくらい睡眠時間の確保について真剣に考える必要があると思います。

毎日の積み重ねが将来の健康につながるはずだと信じております。薬局へ来られる患者さんの8割以上は睡眠不足で悩んでいますから。薬に頼らないで眠れたらいいのに…と。

 

心も体も身軽に余裕をもって過ごすために睡眠を侮るなかれ。

 

 

yume-diver.hatenablog.com