ゆめのブログ

30代女たのしい独身生活のブログ

スポンサーリンク

【モチベーションの低下】物事を継続するコツは、肩の力を抜いて。


スポンサーリンク

こんばんわ。

今日もフルート練習に励んでおります。

先週のレッスンで先生に言われた一言。

 

どんなことでも、初めてことに挑戦しようと思うときは

「うまくできない…」と悩み

「思ったような結果が出ない」と落胆する。

例えば、ブログ運営。

「文章が上手く書けない」、「ネタが見つからない」、「ブログで3円しか収益が出ていない」。私はそんな風に思っています。

でも、悩んでいるだけでは現状は変わりませんので、冷静になって考え直してみました。こんな時は、自分で一人二役を演じてみるのがオススメです。

 

悩む自分に、冷静な自分が問いかける、そんな風に【モチベーション低下問題】を深く探っていきましょう。

・「うまい文章ってなに?」→アクセス数の多そうなブログ見て、自分のはダメな文章だなぁ、と思っていない?

・「ネタは本当にないのか?」→小さなことでもちょっとした変化を見逃していない?メモに書くようにしてみたら?

・「3円しか→3円も稼げている」→今までブログで収益を頂いたこともないのに、「3円も」もらえている。1年前の自分から変わったのでは?

 

 

f:id:yume-diver:20210303163933j:plain

 

 

毎日の練習は準備が億劫

 モチベーションが下がってしまう理由は、「準備」の工程が面倒だから。

例えば

譜面台を用意して

毎日の練習メニュー

  • 基礎練習(15分)

頭部管だけを使用して、唇の位置・形、呼吸法や姿勢の確認

指の動き、譜面通りに息継ぎをして教則本の曲を練習します。

  • 演奏曲の練習(15分)

ベートーベンやシューマンやバッハの曲を

練習用に編集した曲を練習します。

 

何と言っても、仕事を終えた後

ぐったり疲れているのに、

メトロノームを用意して

譜面台を出して

基礎練習から始めるのは

億劫に感じてしまいます。

 

あぁ~めんどくさ。

寝ちゃおうかな…

 

と怠け者の神が囁くのです。

 

f:id:yume-diver:20210303163647p:plain

 

ベッドに横になったら、即眠りについてしまいそうなので、

風呂上がりに、その勢いで譜面台を出す習慣をつけています。

 

観客が必要

 

ひとりで練習しているだけでは、

上達しているか不明なので、聴衆者が必要だと感じます。

 

そこで、静岡に住むパートナーに電話して、

毎日、練習を聞いてもらっています。

 

しかし…わがパートナー…

私が上手く吹けないとイライラしてくるのが怖いようで、

褒めるしかしないのです(笑)

 

上手いよ~

いい感じだね~

昨日より全然上手だよ~などなど。

 

ホントかよ…適当なこと言ってるんじゃないの?!

と思いながらも…

褒められればその気になりやすいんですね~

モチベーションを保つのにとても大切な役割になっています。

 

人間て、褒められればやる気になるし、

もっとできるかも!と思える単純なところがあると思います。

(私だけか?)

 

レッスン中の緊張

 

たくさん自宅で練習をして、レッスンに臨んでも、

どうしても緊張してしまう私。

慣れない場所で楽器を吹くなんて、緊張しまくりです。

 

唇はプルプル震え、

指はガチガチにこわばり、

呼吸がどんどん苦しくなる。

 

f:id:yume-diver:20210303163823p:plain

ガチガチの私

 

家で練習している時はこんなんじゃないのよ~

 

心の中では大声で叫んでいるのですが…

そんな声をかき消すほどボロボロ…

 

1年もレッスンに通っているのに、緊張は治りません。

さすがの先生も、その様子が分かってくれているようで、

あまりに私が緊張しすぎていると、

一旦席を外してくれます。

(夕食の買い出しに出かけていきます)

その間に、

深呼吸して、

肩をグルグル回して、

指をブラブラさせて、

緊張を解きほぐします。

 

そうすると、自然と呼吸ができるようになるのです。

まったく世話の焼ける生徒です…(恥)

 

時間よりも、心?

 

1年たっても緊張しまくりの私を見て、

先生はアドバイスをくれました。

 

フルートは根性では上達しないからね

体に力が入ってきたと思ったら、

一度楽器を置いて、深呼吸して、休憩してね。

そうしないと、力が入って緊張したまま吹くクセがついちゃうからね。

 

そ、そうなんだ…

 

自宅練習をしている時の私は、目からウロコ。

練習に時間さえかければ十分だと思っていたのです。

毎日、1時間もやったのだから次回は大丈夫だろう、と。

 

時間の問題ではないのですね。

肩の力を抜いて、

正しい姿勢になった状態で練習しないと、

何時間やっても練習の意味がない。

 

来週はどうなる?

 

先生からの言葉でずいぶんと心が楽になりました。

時間をかけている割に上達している感覚がなかった私は、

「根性」の呪縛に苦しめられそうだったのです。

 

今週は、

  • 疲れたら休憩、一息つく
  • 音が出にくくなってきたら楽器を置く

この点を意識して練習してみようと思います。

来週はどうなることやら…?

 

唇プルプル震えちゃうかなぁ。

 

yume-diver.hatenablog.com