ゆめのブログ

30代女ひとりで生涯現役をめざすブログ

独身女、伯母になりたくてワクワクする、妹夫婦は大戦争勃発…結婚・夫婦ってなに。


スポンサーリンク

こんばんわ。

今日も独身、明日も独身、ずーっと独身 ゆめのです。

ただいま、妹ちゃんが産休中。

もうすぐおばさん…いやいや、伯母さんになるのです。

かねてから、

姪または甥を望んでいた私。

 

ほんのり自分と血のつながった子供が欲しいと思っていたのです。

子供の成長って観てるだけで

はっ!と驚くようなことがあるもの。

 

姪がいる独身女は最強だと信じているのです。

 

そんな浮かれた私ですが、

当の本人たちの生活には、暗雲が立ち込めているようです。

 

f:id:yume-diver:20210228203508p:plain

夫婦ってなに

 

 

命名依頼に浮かれる私

 

さてさて、妹からは

名づけの依頼がありました。早速やる気満々!

 

女の子の名前ランキングは…

1位 陽葵(ひなちゃん、ひなたちゃん等読み方は色々)

2位 凛

3位 詩

4位 結菜

5位 結愛

 

もはや、3位以降は何と読むのでしょう…??

 

うーん。

分からん。

この名前たち、キラキラネームではないのか??

ピンとこないなぁ…

 

かねてから、私が憧れる名前は慶子。

【慶】の字を使いたいのです。

慶の字の意味は、【めでたく思う、よろこび事、幸い】だそうです。

幸子ではなく、

あえて慶子の方がなんだか洒落が利いてる気がするのに…

 

そして何と言っても、この【慶】という字…

頭がよさそうなイメージがあります。

 

実際に私の友人にも慶子ちゃんがいて、

素晴らしく心の広くて、

お勉強のできる、心も優秀な女性なのです。

 

しかも、女の子といえば○○子でしょう。

日本人ならではの名前が良いと思っています。

 

提案の結果

 

ま、あっさり却下ですね。

嫌だ、と言われてしまいました。

 

まったく、失礼な話です。

 

もともと、社交辞令でこちらに

命名の依頼が来ていることはわかっていますから、

却下されるのは想定内ですが…

 

お好きに決めておくれ。

ツルでもウメでも、可愛いと思うよ…(嘆)

 

そう思いながらも、命名の時代変遷に興味が湧き、

名づけランキングを見てみたり、

字画を調べてみたり、

コソコソと命名ミッションを遂行している私。

 

やっぱり、楽しみ~♡

 

当の妹夫婦は大戦争

 

実は、妹が命名依頼を私にしてきた理由があったのです。

 

夫と大喧嘩が絶えないというのです。

 

 

戦争の理由

 月に1回のペースで大戦争の実況LINEが送られてきます。

概ね、金銭感覚の差異による戦争が多いようです。

独身のお花畑頭脳ではついていけないぞ…と思いながらも、

なんとか夫婦の手助けができるよう、話を聞いております。

 

ポイ活夫

何が何でもポイ活に精を出す。

数円のポイントでも欲しい。

自分のペイペイ残高が無い場合は、

妻に送金させてまでポイントが欲しい。

 

妊婦に厳しい夫

 

妊婦といえど、妻は妻。

食事の支度も、

掃除も洗濯も、

夫のメンタルケアもしなければならないというのです。

なかなか、厳しい大黒柱のようです。

 

家庭的ではない妻

 

妹も自炊したこともないし、

独りで好きな時間まで仕事して、遊んで、

帰ってきてベッドに直行の独身生活を送っていたのです。

結婚したからと言って

急にそうできなくなるとは思っていなかったようです。

 

プライドの高い二人

 

やはり、似た者同士が一緒になる運命なのか。

どちらの言い分も、

自分の方が上だと主張したいようです。

仕事ができるのは自分、

稼いでくるのも自分、

疲れているのは自分、

自分はこんなに頑張っているのに…

ふたりとも、自分に足りない部分があることを自覚していないようです。

 

だからさ…

 

そうは言っても、数億人もいる人間の中から

その人を選んだのは、あなたたち自身です。

大変残念な結末ですが、どちらも

耐えるか、戦うか、開き直るか、歩み寄るしかないでしょう。

子供が生まれたら変わるかも知れないし…

 

外から見たら、とんでもなく可愛いケンカに見えます

 

 

夫婦って…なに

 

いったい何回の大戦争を起こせば気が済むのか…と思うほど

若い夫婦は日々ぶつかり合って、

仲直り出来たり、

出来なかったり、

繰り返しているようです。

 

仲がいいんだか、悪いんだか、

まったくわかりません。

夫婦間の問題は、外野の人間が何を言っても

解決には至らないですね。

 

 

腰が引けた姉(私)

 

当の私は、

この大戦争の話を聞くたび、

 

 

やっぱり独身でいよう…

 

と決意を硬くしております。

私には、料理も洗濯もして、

夫のメンタルケアをする器も持ち合わせていないような気がします。

 

 きっと何十年も先になれば、

妹夫婦にも

あぁ、この選択でよかったな

と思う日がくるような結婚生活を送ってほしいと心から思います。

 

私は、このままで。