ゆめのブログ

30代女たのしい独身生活のブログ

スポンサーリンク

何でも入れちゃおうBOXを片付けたら、5000円分のお宝発見。うっかり手にした商品券の使い道に悩む。


スポンサーリンク

こんにちわ。

先週の週末、あまりに暇だったので、クローゼットの中にある

何でもBOXをひっくり返してみました。

 

f:id:yume-diver:20210307153724j:plain

 

 

なんでもBOXって何?

 

私のクローゼットの中にある、箱のこと。

カラーボックスの中にすっぽり入るタイプの収納箱です。

 

この中には、種々雑多なものが放り込まれています。

例えば…

  • 過去5年間の給与明細(12枚×5=60枚)
  • 携帯電話機種変更時の書類
  • すでに解約済みの個人年期保険の契約書
  • テレビの取扱説明書
  • 使っていない携帯電話(SIMなし)
  • 使っていない外付けHDD

主に書類関係がゴチャゴチャと放り込まれていました。

 

この箱に入らない書類は捨てていたのですが…

この箱の中にいた書類や文明道具たちは、

完全に私の記憶から消えていたのです。

 

片付け

 

不要な書類はすべて、破棄しました。

  • 確定申告を終えた年度の給与明細(過去4年分)
  • 解約済みの保険の書類
  • 満期を迎えた自動車保険の保険証書
  • ポストに投函できなかった手紙(これは悔いが残りました)
  • もう使っていない家電製品のトリセツ

色々と思うことはありましたが、

中に放り込まれていたガラクタの9割は、

不要なもの。

思い切ってガンガン捨てていきます。

 

なんでもBOXの中は半分に減り、

カラーボックスに1段空席ができました。

なんでもBOXは手の届く場所へ昇格。

 

お宝発見

 

記憶から消え去られていたガラクタの中から…

 

JCBの商品券5000円分が発掘されたのです!

おぉ~!

確か、友人の結婚式で受付を任された時のお車代として

頂いたような…気がする。

記憶は定かではないが。

 

さて、この商品券。

何に使おうか?

 

商品券て何に使えるの?

 

そもそも、商品券で何が買えるのか?

最近は、ネットで買い物をすることが多く、

お店で買い物をする機会がほとんどありません。

 

金券といえば、

クオカードか図書カードしか使ったことがありません。

 

う~ん…

調べてみると、スーパーや家電量販店でも使えるようです。

しかも、金券ショップでは現金に換金できるとか。

ただし現金に換えると、換金手数料がかかるみたいなので、却下。

 

衰えた物欲

 

5000円の商品券を目の前にして、

う~ん、と唸ってしまいました。

 

ほしいものが…ない。

うっかり、商品券を手にしたところで、

何が欲しいのか…ワカラナイ。

 

クローゼットを見渡してみても、

洋服もバッグも美容器具も十分すぎるくらい持っています。

一度しか着なかったパーティドレス(8万円もしたのだ!)、

韓国で買ったコーチのバッグ、

ハワイで買ったケイトスペードのバッグ。

 

今じゃ滅多に使わないモノたちになってしまいました。

パーティなんて行かないし、

ブランドバッグは、バッグそのものが重たくて肩が凝るし。

 

何でこんな高いもの買ったんだっけ?

今となっては5000円の使い道さえ決められません。

 

これは、資産運用を始めた私の変化なのでしょう。

 

本を買ってみよう

 

ここ最近、お出かけの機会が減り、

以前にも増して読書の時間が増えてきました。

 

今まで手に取らなかったビジネス書や投資に関わる書籍も

購入しています。

 

というわけで、今の生活を充実させるためには本を買ってみようと

思い早速本屋へ。

 

また悩む

 

本屋へ向かったものの、

この商品券が使えるか…ワカラナイ。

書店員さんに聞いてみると、

「おつりが出ないので、上手にご使用ください」

 

はっ!?

上手にご使用…とは?!

 

またまたハードルが上がります。

お金を稼ぐのも、貯めるのも大変なことですが、

使うとなるともっと大変。

 

「これならお金を払ってもいい!」

と思えるようなものに出会わなければならないのです。

 

書店内に平積みされた多くの本たち。

その中から、自分が選んで、購入する。

簡単なことのようで、これがムズカシイ。

だって、本さえ選べないから。

選べなさ過ぎて、本屋大賞ノミネート作に縋っていますから…

 

yume-diver.hatenablog.com

 

自分軸がないと、お金を上手に使うことさえ困難を極めます。

難しく考えずに直感で選べばいいのだろうけど。

 

お持ち帰り

 

本屋を物色していると、

この際だから、単行本を好きなように買おうか?

それとも、文庫本から選んで、たくさん読もうか?

 

などなど、色々と思いめぐらせます。

以前から気になっている書籍、

宝塚歌劇団経営学】を購入しようかと思っています。

 

それだけは決めたものの、

書店員さんの

「上手にご使用ください」

の一言がどうしても気になって、

ついに購入するには至りませんでした。

 

なんでもいい

 

ホントに私って、「なんでもいい」人なんだなぁと

つくづく思ったのでした。

 

欲しいといえば欲しいけど、絶対欲しいというほどでもない

 

みたいなものがたくさんあって、

これは絶対!と思うような強い意志がないな…と。

 

yume-diver.hatenablog.com

 

う~ん。困ったものだ。